お問い合わせ番号:0120-168-385
お問い合わせフォーム

会社案内を作成する会社選びのポイント

①使用する目的を決めてから作成するか。

会社案内は作るだけでは意味がありません。
「新規のお客様との商談」で使うのか、
「既存顧客」に配るのか、
「新卒の求人」に向けたものを作るのか、
目的に合わせて必要な情報を先に決めてから作ります。
例えば商談で使う会社案内にレクレーション行事の写真が
掲載されていたりすると陳腐なものになってしまいます。

また、目的のない会社案内をなんとなく作ったり
目的を広くしすぎて内容を増やしても意味がありません。
確実に読まれるための「会社案内」を作りましょう。
会社案内はデザインから作るものではなく、まず最初に掲載する内容から作るものなのです。
会社案内を作る流れを必ず確認しましょう。

②金額は明確か

会社案内の作成にかかる費用は大半のホームページに掲載されていますが
キャッチコピーや文章を作成するのに費用が発生したり
文章を直してもらうだけで修正費用が発生したりすることがあります。
見積り金額で本当に会社案内が作れるのかどうか最初に確認しましょう。

③修正可能な元が納品可能か

ほとんどのデザイン会社、印刷会社が「会社案内」に取り組んでいると思います。
印刷物が安価に作成できる現在では、
「会社案内」にかかる費用の内訳においては
制作にかかる費用が全体の大半を締めているにも関わらず
修正可能な元を納品する会社はほとんどありません。

「データが欲しい」というと画像のPDFを納品する制作会社が大半です。
その理由は、元が制作会社の著作権のように
なってしまっているからです。
先ゆきが見えない昨今では、を作った会社が
なくなってしまった場合、会社案内を増刷やリニューアルしようにも
また他の会社で最初から作成することになるため
最初につくった会社案内の作成費用がムダになってしまいます。
修正可能な元データが貰えるか必ず確認しましょう。

④業種や業態に合わせた会社案内の作り方を熟知しているか?

「会社案内」と検索すると、会社案内を取り扱う会社はたくさんありますが
各業種の生業の仕組みまでをきちんと理解している会社は
どれくらいあるのでしょうか。
私たちは様々な業種の生業をしっかり勉強し理解しております。

また、弊社は印刷会社ということもあり
常日頃から様々な業種との関わりが多く
業種毎の会社案内の作り方や流行りの傾向などを常に研究し
熟知しております。

あなたの業種をよく理解しているかを必ず確認しましょう。



PAGE TOP

ページの先頭へ戻る
会社案内を作成する会社選びのポイント
会社案内を自分で作ってははいけない理由
パンフレット制作事例
無料相談
パンフレット制作事例その2
トップページ
制作料金
よくある質問
会社概要
個人情報保護方針
お問い合わせ
コジマ会社概要
コジマ公式ホームページ